碧螺春 [ヘキラシュン]

碧螺春(ヘキラシュン)は緑茶の仲間です
緑茶の工程は、まず「殺青」という工程で発酵を止め、その後、「揉捻」という葉をもむ工程で味を出やすくします。その後乾燥させて出来上がりです。
日本の緑茶は最初に蒸すことで発酵を止めるのですが、中国茶は釜煎りを行なうものが主流です。
碧螺春の茶葉は非常に小さく、500gあたり約7万の芽が含まれています。
色が緑で、特徴的な小さな丸い螺旋形状が田螺(タニシ)ににていることから、碧螺春と名付けられました。
さっぱりとした味わいで甘みが残ります。
飲み方はお湯200ccに対して茶葉を3g程度入れて下さい。
80℃程度のぬるめのお湯を入れて抽出時間は1分程度です。
3〜4煎程度、おいしくいただけます。
お湯の中の茶葉を鑑賞できるのでグラスで淹れるのもオススメです。
販売価格 1,880円(税込2,030円)
型番 183
50g
150g
300g
サイズ

サイズ
50g
150g
300g