こーたのお茶 もふもふブレンド ティーバッグタイプ 2500

1,200円(税込1,296円)

平井親和会商店街の公認キャラクター、「こーた」くんが作った、オリジナルブレンドです。
ノンカフェインの冷えとり茶を便利なティーバッグにしました。
生姜スライス茶、ネトルティ、よもぎ茶をブレンドしました。
乾燥しょうがで身体の中から熱を作り出し、よもぎとネトルが血液をサラサラにして血流を良くし、体の隅々まで熱を運んで身体中を温めます。

冷えは万病の元です。冷えを防ぎ病気になりにくい体にしましょう。
しょうがには消化を助ける働きもあり、食事の後にも最適です。
せきやのどの痛みを緩和させる働きもあります。
また、リラックス効果もあるので、ストレスを感じた時にも最適です。

☆しょうがの甘い香りとよもぎの清涼感のある香りが、ネトルのまろやかさと合わさって、とても美味しいお茶です。

☆おいしい飲み方☆


ティーバッグをカップに入れ、約200ccの熱湯を注ぎ、約3〜5分程度蒸らしてからお召し上がりください。
お好みではちみつなどを入れていただいても、美味しくお飲みいただけます。

☆特徴☆


ノンカフェイン、無添加、無香料で安心してお召し上がりになれます。
大型ティーバッグ(テトラ型)の採用で、茶葉が開きやすく、風味や香りを最大限に引き出します。
使いやすいジッパー付き袋に入っていますので保存が簡単です。
茶葉やハーブは非常にデリケートな性質を持ちます。味わいや品質を損なってしまう紫外線や水分、空気(酸化)には特に注意が必要です。アルミ袋を使用し、商品の品質を守ります。

もふもふブレンドで使っているお茶はこんなお茶です


~しょうがスライス茶~
宮崎産のしょうがをスライスして乾燥させたしょうが100%のお茶です。
しょうがは乾燥させることで温め効果が高まります。
のどの痛みや咳にもよく、消化を助けたりする働きもあります。
乗り物酔いにもいいとも言われています。
しょうがスライス茶

~よもぎ茶~
国産100%よもぎ茶です。
よもぎは身近な薬草として昔から親しまれてきました。
よもぎには血をサラサラにして、血行を良くする働きや、新陳代謝を高めたり、ストレス対策にも効果があると言われています。
他にも様々な働きがあると言い伝えられてきます。
☆民間に語り継がれているヨモギの効能☆
・風呂に入れると、体が温まり、肌もすべすべしてくる。
・風邪やせきの出るときには、煎じて飲めば治る。
・生の葉を揉んで切り傷につけると、血がすぐにとまる。
・食あたりや下痢のときは、絞り汁を飲むと良い。絞り汁は、熱冷ましや虫下しにもなる。
・血をきれいにし、血行を良くするのでオンナヤマイ(婦人病)等によく効く。
・ヨモギを入れると、食べ物が傷めず、長持ちする。
など
よもぎ茶

~ネトルティー~
ネトルはヨーロッパでは古くから利用されている一般的なハーブで、ビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素を豊富に含みます。
春季療法として花粉症などのアレルギー症状を和らげるために飲まれています。
また、血液のデトックス作用があり、血行を良くする働きがあります。
鉄分が豊富なので貧血対策で飲まれています。
ネトルは様々な効果を持ち、体全体を健やかにしてくれるハーブです。
ネトルティー

冷えは万病の元です



冷えは万病の元


よく、冷えは万病の元といわれています。
手足の先が冷たくてなかなか寝付けない、いつもなんとなく肌寒さを感じている。脂肪がついているところが冷えるなど、自覚症状で自分が「冷え」があるということに気づいている人もいますが、自分が気付かない冷えを持っている人もいるようです。ほてっていると思っていたら実は冷えているということもあります。

こんな症状の時は


こんな症状の時は冷えが関係している可能性があります。
気がつかないうちに冷えになっているかもしれません。
便秘、白髪、肌荒れ、むくみ、頭痛・めまい、肩こり・腰痛、生理痛・生理不順、肥満、気力減退、疲労感

冷えとはなんでしょう?


冷え性を判断する物差しの一つとして体温があります。35°C台の人は冷えを感じなくても立派な冷え性です。では、体温が36°C台だったら冷え性でないというわけではありません。手足の先などが冷たいなどの冷えの症状がある人も冷え性と言えます。
約50年前は、約36.8°Cあった日本人の平均体温が今や約1°C下がって、36.0°C前後の低体温の人が多くなりました。
体温が1℃下がると代謝率が12〜20%、免疫力は30%下がるといわれています。
低体温の人は普段はなんともないように思えても。体は無理をして動いています。風邪などのウィルスが侵入しやすく、ひとたび病気になれば治りにくかったり、重症化したりします。

冷えになる原因は?


冷えになる原因としては、血行不良、代謝が悪い、ストレス、筋肉量が少ないなど様々な原因が関連しあって起こります。
血行不良で酸素・栄養素が身体の各部位に運ばれないと細胞の働きが鈍くなり体温低下を起こします。その結果老廃物が血管に溜まって詰まりやすくなり、結果として血行不良を起こすというような悪循環が起こるのです。

冷えると何が起こる


冷えることで私たちの体の免疫力が落ちます。免疫力が落ちることで、体内に侵入してきたウィルスや細菌を退治する働きが衰え、病気になりやすくなってしまうのです。
また、私たちの体内では常にガン細胞が発生し、20年、30年かけてがんの発病にいたるといわれますが、ガン細胞がまだ成長しないうちに、免疫システムが、ガン細胞を異物とみなして排除しています。免疫力が落ちることで、免疫力が落ちることでがん細胞を退治することができずに残ったがん細胞が、何年もの間に積み重なることでがんへとなっていくのです。

冷えを取るには


体を温めるには体の外から温める方法と体の中から温める方法があります。
体の外から温める方法としては入浴や湯たんぽで体を温める方法やマッサージ、ツボ刺激などがあります。
体の中から温める方法としては運動で筋肉を増やしたり、血行を良くする食品や温かい飲み物を飲んだりすることです。
もちろん冷えの原因になっている、血行不良やストレスも取り除く必要があります。

冷えは万病の元。放置していると、いずれあなたの元気を奪い取ります。



冷えは体が発するSOSです。脅かすようですが、放置すると重大な病気を招きかねません。
逆に、冷えを克服すれば毎日の不快感が取り除かれ、病気のリスクを低減することができます。
難しいことはありません。基本は「気持ちいいこと」をするだけ。暖かい服装をしたり、暖かい食事や飲み物をとったり、冷えているところを温める。体はそれだけで気持ちよくなり、冷えの改善につながります。これなら今日からでも実行できるということから始めてみましょう。

このお茶を飲んで、血液をきれいにし、血行を良くして体を中から温めることで、体温が上がり、病気知らずになります。
リラックス効果もあるので、ストレス対策にも効果があります。

 

 

・妊娠中の方は、事前にお医者様にご相談の上で利用ください。

・お薬を服用中の方は、お医者様にご相談の上で利用ください。

・効果・効能については、個人差があります。

・お体に合わない場合は、利用を中止し医師に相談して下さい。

この商品を買った人はこの商品も買っています

おすすめ商品