べにふうき茶

べにふうき茶は日本で始めて紅茶用に作られた、お茶の品種です。
べにほまれ(紅茶)と枕Cd86(ダージリン系)を交配した後代のアッサム種に近い茶品種です。
緑茶にする事で、”メチル化カテキン”という有効成分が多く含まれるようになりました。
苦み成分が有効成分なので、濃いめにして苦くするのがいいようです。
水出しにするとあまり有効成分のメチル化カテキンが抽出されません。
ちょっと苦めの緑茶の味です。
緑茶なのでカフェインが入っています。
鹿児島産
販売価格 1,200円(税込1,296円)
型番 46
50g
150g
300g
サイズ

サイズ
50g
150g
300g